会社を設立する際のコストに頭を悩ませていませんか?

実は支払った費用の中には、経費として計上できるものもあります。

お金は会社設立時のみならず、開業後の資金力も会社の発展を左右する大事なポイントです。

できるだけ経費で落として、課税額を圧縮させていきましょう。

本記事では…

  • 会社設立時にかかる費用の種類
  • 創立費・開業費にできない費用
  • 創立費・開業費の仕訳の処理方法

3つのトピックを中心に紹介していきます。

これから会社設立をしようと考えている方は、必見です。

会社設立の費用は、創立費と開業費に分かれる!

創立費と開業費

(画像引用元:創立費・開業費とは?正しく経費処理するための基礎知識 - 起業ログ

会社設立に際してかかった費用は、創立費開業費に分かれます。

それぞれの意味と具体例を一緒に見ていきましょう。

創立費とは?

創立費は、会社を設立登記するまでにかかった費用です。

創立費として計上されるものは、

  • 定款の作成・認証費用
  • 登録免許税
  • 事務所・店舗の賃料
  • 株主を募集するための広告宣伝費
  • 発起人への報酬

などが主に挙げられます。

開業費とは?

設立登記してから営業開始するまでにかかった費用は、開業費です。

開業費として計上されるものは、

  • 印鑑・名刺などの作成費用
  • 出資者との交際費・接待費
  • 消耗品の費用(事務用品など)
  • 開業を知らせるための広告宣伝費(チラシ代など)
  • 市場調査の費用

などが挙げられます。

ちなみにいつからの費用が開業費になるのか?という明確な規定はないので、極論数年前でも開業するために使った費用なら、開業費として計上可能です。

しかし何年も前になると、開業との関連性が低いと捉えられてしまうので、現実的には長くても1年前くらいまでが妥当でしょう。

創立費と開業費にならない費用

もちろん会社設立時にかかった費用が、すべて創立費と開業費に含まれるとは限りません。

どちらにも当てはまらない費用もあるので、一緒に見ていきましょう。

  1. 開業後も継続的に発生する費用
  2. PCなどの固定資産
  3. 事業で販売用に仕入れた商品代
  4. 事務所を借りるときの敷金・礼金

①:開業後も継続的に発生する費用

開業後もずっとかかり続けるものは、創立費にも開業費にもなりません。

具体例を挙げると…

  • 水道光熱費
  • 事務所の家賃
  • 電話やネット回線の工事費や通信費
  • 社員への給与

など経常的に発生する費用に関しては、創立費・開業費として認められないので、注意しましょう。

②:PCなどの固定資産

業務で使うPCなども、固定資産とみなされると創立費・開業費に該当しません。

固定資産の扱いになるボーダーラインは、10万円です。

10万円以上の固定資産は、毎年少しずつ経費に計上する償却資産なので、創立費・開業費に含まれません。

償却資産とは?

1年ごとに価値がどんどん減っていく資産のこと。

取得した価額が10万円以上の固定資産は、償却資産税の対象になります。(ただし土地・家屋は対象外)

固定資産ごとに耐用年数が決められていて、その年数にしたがって価値が目減りしていきます。

③:事業で販売用に仕入れた商品代

事業のために仕入れた商品の代金も、創立費および開業費にはなりません。

仕入れた商品代は、売上原価として計上します。

④:事務所を借りるときの敷金・礼金

事務所を借りるときに払った敷金・礼金も、創立費・開業費ではありません。

敷金は後々戻ってくるので、経費にならないことはわかるかと思いますが、戻ってこない礼金も創立費・開業費とは取扱いが異なるので、対象外です。

創立費と開業費は、繰延資産として扱われる

創立費と開業費は、どちらも繰延資産(くりのべしさん)として計上されます。

繰延資産とは、費用を払ったサービス・商品などが、1年以上にわたり効果を発揮し続けるもののこと。

繰延資産には、会計上の繰延資産と税法上の繰延資産の2種類がありますが、大きく異なるのは償却する期間です。

  • 会計上の繰延資産…5年間の均等償却
  • 税法上の繰延資産…任意償却

ちなみに実務上では、税法上に則って償却するケースがほとんどです。

5年間の均等償却(会計上の繰延資産)

会計上では創立費と開業費は5年間で均等償却されます。

均等償却とは?

税法上、減価償却資産の取得価額を均等に分割し、毎期同額を損金へ算入すること。

均等償却の中でも、特に資産の取得価額から残存価額を引いた額を「法定耐用年数」で割り、毎年計上することを「定額法」または「定額法による償却」などと呼ぶ。

Weblio辞書より)

上記をざっくりと説明すると、かかった費用を毎年同額ずつ損金に算入する(=経費計上する)ということ。

創立費および開業費の場合は、5年かけて全額を損金算入することが可能です。

ちなみに会計上で繰延資産として扱われるのは、創立費と開業費のほかにも、

  • 開発費
  • 株式交付費
  • 社債発行費

の合計5つがあります。(「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」ならびに「中小企業の会計に関する指針」参照)

    ②:任意償却(税法上の繰延資産)

    税法上の繰延資産は任意償却なので、経営状況によって償却する額を決められます。

    毎年償却する額は任意なので、赤字見込みで経営が苦しいときは、償却額を0円することも可。

    逆に黒字見込みで課税額が多くなりそうな年は、一気に全額を償却するという手もあります。

    柔軟に金額を決められるのがいいね!

    まとめ~創立費と開業費について~

    ここまで会社設立時にかかる費用について

    • 創立費と開業費に分けられる
    • 創立費にも開業費にもならないものもある
    • 創立費と開業費は繰延資産になる

    という3本立てで紹介してきました。

    とはいえ、会社設立したてで忙しいときに、どの費用が経費になるのか考えるのは難しいかもしれません。

    そんなときは、ぜひスタートアップ会計事務所にご相談ください。

    その道のプロが、あなたのために的確なアドバイスをさせていただきます!

    ※あなたも会社設立にかかった費用を経費にして節税しませんか?

    専門的で難しいことは、連絡&相談で今すぐ解決 !(^^)!

    "話しやすさNo.1"の会計事務所で、あなたの疑問やお悩みを解決しませんか?

    起業をするにあたって、やるべきこと知っておくべき情報はたくさんあります。

    当サイトでは会社設立に関する情報をお伝えしていますが、ときには検索してもスッキリしない疑問が生じることもありますよね。

    直接誰かに質問したくなったときは、ぜひスタートアップ会計事務所にお問い合わせください。

    "話しやすさNo.1" "実績多数"のスペシャリストが、会社設立のことはもちろん税務労務に関することも丁寧に対応します。

    あなたの抱える疑問や不安を解決して、効率よくスムーズに会社設立をしていきましょう。

    様々な業種の起業を全力でサポートするべく、私たちはいつでもあなたからのご連絡をお待ちしています。

    おすすめの記事