所得控除の種類を1つずつ深掘りしていく、所得控除シリーズ

今回は寡婦(寡夫)控除について紹介していきます!

  • 寡婦控除・ひとり親控除とは
  • 控除の対象者
  • 控除額
  • 手続き方法

上記のトピックを中心に解説していくので、一緒に理解を深めていきましょう!

参考:寡婦控除|国税庁ひとり親控除|国税庁

寡婦控除・ひとり親控除とは

「寡婦控除」とは、婚姻関係にあった夫と死別や離縁した後、再婚していない状態の方が利用できる控除です。

以前は寡婦控除寡夫控除と、男女で分かれていました。

しかし令和2年分から創設された「ひとり親控除」に吸収される形で、寡夫控除の方は廃止となっています。

そのため「寡夫控除」を受けられるのは、令和元年分以前の所得税となるので、注意しましょう。

【ひとり親控除】との違い

「寡婦控除」と「ひとり親控除」の違いは、婚姻関係があったかどうか?という点です。

寡婦控除が適用されるのは、婚姻後の「死別」「離婚」「生死不明等」の場合に対し、ひとり親控除は婚姻の事実がなかったシングルマザーでも適用されます。

さらにひとり親控除は男女問わず利用できるので、適用範囲が広いのがポイントです。

女性の場合、生計を一にする子がいれば「ひとり親控除」、それ以外は「寡婦控除」と考えるとわかりやすいと思います。

控除の対象者

ここからは「寡婦控除」と「ひとり親控除」の対象者を確認していきましょう。

【寡婦控除】対象者

「寡婦控除」の対象者は、原則としてその年の12月31日時点で、次のいずれかに当てはまる方です。

  1. 夫と離婚後、「婚姻をしていない」+「扶養親族がいる」+「合計所得金額が500万円以下」
  2. 夫と死別後、「婚姻をしていない人 or 夫の生死が明らかでない一定の人」+「合計所得金額が500万円以下」

なお②の場合、扶養親族の要件はありません。

ただし後述する「ひとり親控除」に該当する場合や、婚姻関係と同様の事情がある(納税者と事実婚状態など)場合は対象外となります。

令和元年分以前の寡婦控除(特別の寡婦控除)の対象範囲

令和元年分以前の所得の場合は、下記の範囲が適用されます。

ちなみに「ひとり親控除」の創設により、「特別の寡婦控除」も「寡夫控除」とともに廃止されました。

一般の寡婦に該当する人が次の要件の全てを満たすときは、特別の寡婦に該当します。

(1) 夫と死別し又は夫と離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人
(2) 扶養親族である子がいる人
(3) 合計所得金額が500万円以下であること

引用:寡婦控除|国税庁

【ひとり親控除】対象者

「ひとり親控除」の対象者は、原則としてその年の12月31日時点で、次の3つすべてに当てはまる方です。

  1. 事実上婚姻関係と同様の事情にある人がいない
  2. 生計を一にする子(総所得金額等が48万円以下で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族になっていない)がいる
  3. 合計所得金額が500万円以下である

同居していなくても「生計を一にする」に該当する?

②の条件で登場する「生計を一にする」は、場合により別居していても該当することをご存知ですか?

たとえば勤務・修学・療養等の都合で別居している場合でも、生活費・学資金・療養費等の送金があると、「生計を一にする」に含まれます。

明らかに独立して生活している場合を除き、該当するケースが多いので、事前に確認しておきましょう。

該当しているか分からないときは、相談しにきてくださいね♪

控除額

「寡婦控除」と「ひとり親控除」の控除額は、次のとおりです。

  • 寡婦控除・・・27万円
  • ひとり親控除・・・35万円

手続きは「年末調整」or「確定申告」

寡婦控除・ひとり親控除ともに手続きは、会社員などの場合は年末調整、フリーランスなどの場合は確定申告のときに行います。

年末調整で手続きする

年末調整で手続きするときは、令和3年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を用意します。

令和3年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

上記画像の赤枠部分が「寡婦控除」「ひとり親控除」に該当する箇所なので、記入していきましょう。

ちなみに令和2年分の申告書だと「ひとり親控除」の欄がありません。

そのときは「寡夫」「特別の寡婦」の欄を、「ひとり親」に訂正することも可能です。

確定申告で手続きをする

確定申告で手続きをする場合は、「確定申告書」を用意します。

確定申告書(寡婦・ひとり親控除)

確定申告書AもしくはBを用意したら、第二表「本人に関する事項」をご覧ください。

上記画像の赤枠部分が「寡婦控除」「ひとり親控除」に該当する箇所なので、記入していきましょう。

◎確定申告書AとBの違いについて

まとめ

今回は「寡婦控除」「ひとり親控除」について解説してきました。

  • それぞれの違い
  • 対象者
  • 控除額
  • 手続き方法

「細かい説明が多くてよくわからない!」

「自分は控除の対象になるのだろうか?」

もしまだそんなお悩みを抱えている場合は、ぜひスタートアップ税理士法人までお問い合わせください!

あなたに寄り添って、イチから丁寧に説明いたします。

※読んでもわからないことは、直接質問するのが一番!

小さな疑問でも大歓迎!スパッと解決させちゃいましょう!

0円で会社設立⁉ ご相談は“話しやすさNo.1”のスタートアップ税理士法人へ!
スタートアップ税理士法人なら、会社設立費用が0円
しかも最短1日で設立することも可能です。

さらに融資も最大2000万円獲得できるケースもあります。

「何から始めればいいのかわからない!」
「資金調達や助成金の申請に手こずっている…」

そんなときは、"話しやすさNo.1"のスタートアップ税理士法人までご相談ください!

 "実績多数"のスペシャリストが、税務・労務に関するお問い合わせを幅広く受付中です。

Zoomを利用すれば全国対応も可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたからのご連絡、お待ちしています!
0円で会社設立⁉ ご相談は“話しやすさNo.1”のスタートアップ会計事務所へ!

スタートアップ会計事務所なら、会社設立費用が0円

しかも最短1日で設立することも可能です。

さらに融資も最大2000万円獲得できるケースもあります。

「何から始めればいいのかわからない!」

「資金調達や助成金の申請に手こずっている…」

そんなときは、"話しやすさNo.1"のスタートアップ会計事務所までご相談ください!

 "実績多数"のスペシャリストが、税務・労務に関するお問い合わせを幅広く受付中です。

Zoomを利用すれば全国対応も可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたからのご連絡、お待ちしています!

おすすめの記事